マンション・集合住宅向け情報
  • こんな症状ありませんか
  • マンション管理組合の方へ
  • 部位用途別製品紹介
  • おすすめ工法
  • 事例紹介
  • 推奨施工店のご案内
  • 設計価格表ダウンロード
  • 戸建て住宅へお住まいの方へ
  • 土木関連の業者の方へ
  • 建物タイプで選んで試せるカラーシミュレーション
事例紹介
マンション・集合住宅の事例紹介
戸建て住宅の事例紹介
  • ウレタン防水のリーディングカンパニー ダイフレックス オフィシャルWEBサイト

屋上、屋根、まるごと外断熱によりエコな暮らし

屋根、壁、まるごと外断熱によりエコな暮らし!

  • ダイヤダンネツシステム
    ダイヤダンネツシステム
    美しい四季に恵まれた日本。建物も呼吸しています。一見静かにたたずんでいる建物も実は変化しています。暖かいとふくらみ、寒ければ縮こまる。 伸縮をくり返しています。真夏における建物の表面温度は40℃〜80℃にまで達し、室内の温度を上昇させます。 塗膜の中の空気層が外気温の変動による熱を伝わりにくくし、快適な空間を保ちます。

    カタログPDFダウンロード

太陽の熱を反射しダンネツ効果アップ

ダンネツシステムの上塗材は熱の原因となる赤外線と可視光線を効果的に反射して建物への熱の吸収を抑えます。 さらに中塗材は塗膜の中に小さな空気の粒を含んでいるので、これがペアガラスと同じように空気層となって断熱効果を発揮します。

ダンネツ効果と経済効果

夏の日差しの中で屋根にダンネツシステムを施工した場合、従来の塗料とは表面温度で約15℃、室温は約3℃の低下が認められました。 室温が3℃低下すると約15%の電力を削減することができ、電気代の節約を実現します。

活かしましょう、建物の力!

  • ダイヤスーパーセランマイルドIR
    ダイヤダンネツシステム
    「シャネツ」その名の通り外気温の変動を塗膜が遮断します。魔法瓶効果で夏涼しく冬暖かく!でも、これは本来建物が持っている力なんです。 提案するのは+α。家本来の力を向上させ、快適な住環境を手に入れませんか?
    建物の力、引き出さなきゃモッタイナイ。

    カタログPDFダウンロード

太陽光反射

ご存知の通り、赤外線が温度アップの原因です。当社は赤外線を熱に変えて蓄積させない技術を開発しました。熱くならないではじき返す、夏の強い日差しから建物を守ります。

シャネツ効果

約20年の耐久性を持っているため塗りかえ回数を減らすことができます。
また親水性塗料が、雨が降るたび汚れを落としてくれ、シャネツ効果を維持します。

冷房コストを削減

壁、屋根に塗るだけで最大2℃から3℃室温の低下が望め、環境にもやさしく、
経済的にもお得!塗料のチカラで自然にもお財布にもやさしい暮らしをしませんか?

打ち放しの良さを生かしつつ、コンクリートの長寿命化を実現

  • ダイヤ水系CRPシステム
    ダイヤダンネツシステム
    コンクリート打ち放しは長年にわたる風雨や排気ガスの影響で表面から徐々に劣化が進み、表面に付着した汚れもカビや藻を繁殖させ劣化を促進します。 水系CRPシステムはコンクリート打ち放しの表面に強靱な透明皮膜を施し、雨水や排気ガスのコンクリートへの浸入を防ぐとともに、汚れの付着を防ぎコンクリートの長寿命化を実現します。

    カタログPDFダウンロード

環境にも人にも優しい水系塗料

塗料の成分は主に「水」から出来ている水系塗料で、使用時はシンナーではなく「水」で薄めて利用します。シンナーは揮発時に環境や人体に影響を与える恐れがありますが、水系塗料はその心配がありません。 また、工事の際に鼻をつく塗料の臭いがほとんど発生しないので、近隣住民の方々も快適に過ごすことができます。

従来のコンクリート打ち放しの風合いはそのままに建物長持ち

透明の塗料のため、スタイリッシュなコンクリート打ち放しの美しい風合いを損なわずにそのまま生かすことができます。 また、コンクリートを透明皮膜で守ることで建物本体への雨水や排気ガス、二酸化炭素(CO2)の浸入や汚れの付着を防ぎ、コンクリート本体の寿命を長持ちさせます。

遮塩性が高いので海の近く建物でも効果を発揮

海の近くの住宅で頭を悩ませる大きな原因の塩害。水系CRPシステムは遮塩性が高い特徴があり、潮風による鉄筋のさびを防ぎ、コンクリート本体の長寿命化を実現します。

もっと長持ちさせたい方には

仕上材としてガラスや石と同じ結合を持つ変性無機塗料の「スーパーセランアクアクリヤー」をお使い頂くと付着する汚れへの耐汚染性がアップし、20年以上の耐久性が期待できます。

マンションタイルを美フレッシュ

  • ビフレッシュタイル工法
    ダイヤダンネツシステム
    マンションのタイルを美フレッシュ!隠れてしまったタイルの模様、よみがえります! 古くなってしまったタイルも生まれ変われます。古ぼけて見える理由は、長年の汚れの付着、そして蓄積・・・蓄積・・。「サッパリ落として汚れにくくする!」あの日のきれいなタイルがよみがえります。

    カタログPDFダウンロード

お気に入りの外観はそのまま

クリヤー塗料を使用しているため、タイルの意匠性を損なうことなく塗り替えできます。
元々のテクスチャーを生かし、洗練された仕上げが人気です。

選べる性能

タイル目地の劣化防止には「吸水防止工法」、美観の維持には「表面保護工法」、
そしてどちらもという方には「吸水防止表面保護工法」がおすすめです。

マンションの軒天をリフレッシュ

  • ダイヤスーパームキ
    ダイヤダンネツシステム
    うっかり見落としてしまうところ、でも一番人目についてしまうところ、それは軒天。でも一番目につきやすいところって?それは軒天。 見えづらい場所こそ印象に残ってしまうもの。気になってるなら直しちゃおう!見上げたらきれいな軒天をシーラーレス塗料で、お得にご提供します

    カタログPDFダウンロード

簡単にすばやく仕上がる

手軽で経済的なシーラーレスのため、工期短縮ができコストもかかりません。
下地コンクリートと塗料を接着しやすくするシーラーがなくてもきれいに仕上がる・・
それがシーラーレスの長所です。

ひび割れが目立ちません

塗装に使われるスーパームキロールは伸縮性があるため、下地のコンクリートにひび割れが起きても影響が表面に現れません。

どんな壁にも使えます

さまざまな塗料と相性が良いため、元々の外壁に直接塗装できます。あなたのお住まいもすっきり早変わりします。一部直接塗装できない塗料もあります。詳しくはご相談ください。

インテリア空間を健康的、彩あざやかに美フレッシュ

  • ビフレッシュナイソー工法
    ビフレッシュナイソー工法
    自然由来は当たり前、自然の“強力”を取り入れる、それがリフォームでも可能になりました。一つ目はキトサンコート。 「キトサン」は空気中の悪玉を吸着、取り込んで無力化させます。このキトサンを塗料に取り入れた、当社の特許技術製品です!二つ目はけいそう壁。 室内の湿度調整をしてくれるしっくい調の高機能塗料です。

    カタログPDFダウンロード

シックハウス症候群対策に

シックハウスの主な原因はホルムアルデヒド。
塗料に含まれる天然由来のキトサンが、健康に害をもたらす化学物質を除去します。

快適な住まいへ

優れた抗菌性でカベに付着した菌がヒトへ感染するのを防ぎます。
また、日本塗料工業会の室内健康塗料の目標基準(トータルVOC1%未満)を大幅にクリアしています。

湿気を調整

湿度が高いと湿気を吸い、低いと放出する、日本の自然環境に合った機能を持っています。そして余分な結露を吸収し、カビの発生を防ぎます。ローラー塗装により落ち着いた仕上げに、吹付塗装でシックな風合いになります。

長期保証だから安心!防錆システム

  • ダイヤシャスコートシリーズ
    ダイヤダンネツシステム
    一般的に鉄部塗装は4〜5年ごとに塗り替えますが、シャスコートシリーズは弊社認定施工店が責任を持って施工しますので、長期保証が可能になりました。わずらわしい足場架設の回数が減り、維持費の削減もできます。

    カタログPDFダウンロード

長期保証がついた認定工事店による安心の施工

環境にやさしい水系塗料のシャスコートアクアは最長3年間、より防錆性にすぐれたシャスコートロングは最長6年間の保証が可能になりました。 しかも施工できるのは責任をもって施工ができるとメーカーに認定された工事店のみ。製品にも工事店にもダブルの安心です。

高い防錆性と耐久性でライフサイクルコストを軽減!シャスコートロング

シャスコートロングは防錆性だけでなく、遮塩性も高いので海の近くの鉄製物を潮風による塩害から守ります。さらに耐候性も高いので屋外の立体駐車場の塗り替えにも効果を発揮します。 長期間防錆効果が持続するので10年以上の長期間で試算してみると従来製品より塗り替え回数を1〜2回減らすことができ、塗り替え修繕費を大幅に削減できます。

密接した住宅地でもニオイが気にならない!シャスコートアクア

シャスコートアクアは水系塗料。水系塗料は塗料の成分は主に「水」から出来ており、使用時はシンナーではなく「水」で薄めて利用します。 シンナーは揮発時に環境や人体に影響を与える恐れがありますが、水系塗料はその心配がありません。 また、工事の際に鼻をつく塗料の臭いがほとんど発生しないので、近隣住民の方々も快適に過ごすことができます。

このページの上部へ戻る